Google Adsense審査非承認とその対策(5回目 その①)

f:id:naru443:20200802140119p:plain

 

オーマイガッ! またダメでした。

理由:プログラムポリシーを満たしていない

 

また同じ理由です。

でも今回は、少し気づいたことが2つありました。

なので、抜本的な変更を加えることにします。

 

https://ネイキッドドメインで表示できないことによる不具合

 

元々コンテンツはやましさのかけらもないので、原因はもっと根本的な設定などのルール違反だとは思ってはいました。

 

再度、AdSense のページを見てみました。

すると、ポリシーが云々と、前回と同じメッセージがでました。

ところが、よく見ると

「https://www.example.com」で申請したはずなのに、

https://example.com」が見つかりませんと出ています。

 

これは以前から気になっていた点をつかれてしまいました。

 

現時点で私は、ネイキッドドメインで 「https://」表示ができないんです。

「https://example.com 」とURL指定しても、ブログが表示されません。

Bloggerの設定が悪いのか、いまだに不明です。

 

ですので、Google AdSense には正常に表示される「https://www.example.com」で申請したわけなのですが、どうやらGoogle 側で、www を外して読みかえてしまうようです。

何度修正しても、www が外されて、表示されない「https://example.com 」での申請となってしまいます。これではサイトが存在しないことになってしまいます。

 

という訳で、解決策として、当初ネイキッドドメインで登録するために作ったBloggerブログでしたが、これを諦めて、元々作っていた(現在非公開中の)はてなブログにネイキッドドメインを設定することにします。

 

こんな時、これまでの経緯をブログに書き留めておいて本当に良かったと思いました。

 

まず、Bloggerの設定→「カスタムドメイン」で、設定していたネイキッドドメインを外しました。

f:id:naru443:20200802142533p:plain

 

次に、Bloggerにネイキッドドメインを設定した際に、ドメイン事業者のDNS設定をした分を外さなければなりません。

具体的には、この時の設定を全て消去します。ああ、なんて面倒なんでしょう!

でも、書き残しておいて本当によかったです。

 

設定したCNAMEを2つ、削除します。

f:id:naru443:20200718124724p:plain

 

もう一つ、 Google IP を参照する 4 つの A レコードも削除します。

216.239.32.21
216.239.34.21
216.239.36.21
216.239.38.21

f:id:naru443:20200718125415p:plain

 

停止していたはてなブログBを復活します。(公開設定)

 

さらに、はてなブログ用にネイキッドドメインを登録する手順があるので、そちらを行います。

 

独自ドメインを変更します。

上記記事に書いていますが、詳細設定で変更します。

DNS設定の反映まで、数時間~72時間待ちます。。

 

今回は反映に4時間かかりました。

その上で、はてなブログの詳細設定でHTTPSの設定もします。

ドメインを登録した時点では「無効」になっていて、https://でURL指定してもhttp://に変換されてしまいます。つまりセキュリティ上よろしくな状況です。

数時間待ってhttps://で表示されるようになるまで待ちます。

f:id:naru443:20200802225014p:plain

 

 

やることがもう一つありますが、一旦ここまで。ふぅ-。

もう一つは別の記事で書きたいと思います。