【Bloggerを使いこなす】第6回 独自ドメインを設定する

f:id:naru443:20200718121947p:plain

【Bloggerを使いこなす】第6回 独自ドメインを設定する

第1回はこちら << 第5回はこちら << ■■■ >> 第7回はこちら

 

今回は、独自ドメインを設定します。

最終的には、GoogleAdsenseの審査を申請するためです。別のサイトで審査申請をしたところ、そのサイトがサブドメインだったため承認されなかったためです。

 

そこで、このサイトにネイキッドドメインを設定して、そこで審査を通す作戦にしました。

Blogger のアドレス設定を表示する

管理画面「設定」 →「カスタムドメイン」をクリック

f:id:naru443:20200718122612p:plain

 

ここで、ネイキッドドメインを入力します。

ところが、Googleアドセンスの時と違って、こちらはネイキッドドメインで登録できないと言ってきます。

f:id:naru443:20200718123438p:plain

 

そこでまずは、先頭に www. をつけて登録します。

f:id:naru443:20200718123601p:plain

 

www がドメイン事業者側のDNSに適切に登録されていないと、次のようなエラーが返ってきます。

このドメインに対するあなたの所有権を確認できませんでした。ご利用のドメイン登録事業者のウェブサイトで、DNS(ドメイン ネーム システム)設定を見つけ、2 つの CNAME を入力してください(名前: www、宛先: ghs.google.com)と(名前: xxxxxxxxxx、宛先: xxxxxxxxx.googlehosted.com)。詳しい手順は https://support.google.com/blogger/answer/1233387 をご覧ください。

f:id:naru443:20200718124458p:plain

 

そこで、ドメイン事業者側のDNSに、記載のCNAME を2つ登録します。

f:id:naru443:20200718124724p:plain

 

これだけでは不十分です。次の Google IP を参照する 4 つの A レコードを追加します。
216.239.32.21
216.239.34.21
216.239.36.21
216.239.38.21

f:id:naru443:20200718125415p:plain

 

DNS設定の反映は、最低でも1時間はかかります(最大72時間)。

反映されるまでは、エラーが表示されますが、じきに登録できますので安心してください。 

 

HTTPS設定と、ネイキッドドメインからのリダイレクトを設定する

トップ画面に以下の通知がきました。

f:id:naru443:20200719000028p:plain

 

先ほど作ったカスタムドメインは、httpしか有効になっていません。なので、httpsを有効にします。

 

管理画面「設定」 →「HTTPSの使用」を有効にします。

f:id:naru443:20200719000346p:plain

 

管理画面「設定」 →「カスタムドメインにリダイレクトする」を有効にします。

f:id:naru443:20200719000551p:plain

 

HTTPSの有効化には少し時間がかかります。しばらくすると以下のようになります。

f:id:naru443:20200719001049p:plain

 

example.com から www.example.com にリダイレクトされるようになりました。

 

動作確認

ブラウザでネイキッドドメインのURLが正常に表示されるか確認します。

f:id:naru443:20200719001422p:plain

これで完了です。